スクラブや白衣の魅力|機能性とデザイン性を持つユニフォーム

ウーマン

季節で変える帽子の種類

帽子

医療用帽子は抗がん剤治療を受けている患者さんにも大変人気があります。抗がん剤治療を受けると、抗がん剤の影響で頭皮に脱毛症状が発生します。抗がん剤によって脱毛が始まった頃の頭皮というのはとても敏感になっています。そのため抗がん剤治療中に使用する医療用帽子は慎重に選ばなければ、頭皮の症状を余計に悪化させることになるので注意が必要なのです。

最近の医療用帽子には室内用、外出用、就寝用というように、様々な種類があります。最近では男性用や女性用というようにファッション性を重視した医療用帽子も多く販売されているのです。初めて医療帽子を利用する場合、様々な悩みや不安を抱えていることも多いでしょう。悩みや不安を解消しておくと、医療用帽子を楽しく着用することが出来るはずです。

まず医療用帽子を利用する前に多くの人が気になるポイントとしては「帽子を被っていると薄毛になるのか」というものです。確かに、使用している素材が優れているのが医療用帽子の特徴です。しかし長時間被り続けていれば蒸れて皮脂が詰まりやすくなります。帽子による蒸れ症状の対策方法としては、同じ帽子を着用し続けるのではなく、数種類の帽子を使いまわすという方法があります。そして適度なタイミングで帽子を取り、頭皮部分の風通しを良くするのも効果的です。また熱や群れが発生しやすい夏は吸湿性に優れた素材、乾燥しやすい冬は吸湿性の高い素材、というように季節によって帽子の素材にこだわってみるのも良いかもしれません。