スクラブや白衣の魅力|機能性とデザイン性を持つユニフォーム

ウーマン

医療用帽子の役割

ぼうし

医療用帽子とは病気やケガの治療など、頭皮に悩みを抱えている人たちのために開発された帽子のことです。医療用帽子は人によっては地肌に直接被ることもあるため、被り心地が非常に重要になります。最近の医療用帽子は吸湿性や保湿性にとても優れた生地を採用しているのが特徴です。中にはオーガニックコットン100%の医療帽子も販売されており、多くの人に利用されています。

医療用帽子は見た目をカバーすること以外にも、デリケートな頭皮を守ることも大きな役割の1つになります。例えば抗がん剤治療を受けている患者さんの場合だと、薬を投与してから2~3週間で脱毛症状が始まります。この脱毛が始まる時期というのは皮膚が非常に敏感になるのが特徴です。脱毛初期の痛みは、人によっては1か月以上も続くことがあります。この期間に肌に合わない医療用帽子を着用してしまうと頭皮に痒みを感じてしまうため、知らぬ間に頭皮を掻いてしまい症状が悪化してしまうということも珍しくないのです。そのことを考えると、医療用帽子を選ぶときは、保湿力が高く良質な生地を使用しているタイプを選ぶことが何よりも大切です。

医療用帽子はデリケートな肌質の人でも安心して被ることが出来る素材が使用されているため、抗がん剤の治療中であってもストレスを感じることなく使用することが可能です。最近ではかぶり心地や素材だけでなく、ファッション性にもこだわった医療帽子が多く登場しています。そのためオシャレをしながら医療用帽子を楽しむことが出来るのです。